磐梯東都バス

<運輸安全マネジメントに関する指針>
磐梯東都バス株式会社
平成29年4月1日

◎輸送の安全に関する基本的な方針
(1)



社長は、輸送の安全の確保が事業経営の根幹である事を深く認識し、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。又、現場における安全に関する声に真摯に耳を傾ける等現場の状況を十分に踏まえつつ、社員に対し関係法令等の遵守と輸送の安全の確保が最も重要であるという意識を徹底させます。
(2)

当社の業態が「運輸事業」であり、「サービス事業」である事を理解し、「運輸事業」「サービス事業」双方の最大の使命が『安全輸送』である事を強く認識した上で事故撲滅の実現を命題とします。
(3)無事故三原則の遵守
 前提:“私は絶対に事故を起こさないという固い決意のもと”
 <無事故三原則>
 ・“無理をしない”(スピード、車線変更、合流、信号、体調等)
 ・防衛運転の徹底
 防衛運転・・・常に最悪の状況を想定し(危険かもしれない)、それに備えた運転を常に心掛ける事。
 ・譲り合いの精神
(4)輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善
 (=Plan、Do、Check、Act)を確実に実施し、安全対策を不断に見直し、全社員が一丸となって業務を遂行する事により、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。又、輸送の安全に関する情報については積極的に公表します。
(5)

事故惹起乗務員に対する再発防止教育、デジタコ評価結果に基づく点呼時安全運転教育の強化等、乗務員教育の更なる充実

◎輸送の安全に関する目標
(1)今年度目標 (自動車事故報告規則第二条に基づく報告事故)
年度:平成29年度
区分目標
人身事故今年度目標:0件
物損事故今年度目標:0件
車内事故今年度目標:0件
車両故障今年度目標:0件
(2)安全確保のための設備投資
 
 @デジタルタコグラフ導入・運用 SAS検査機器導入・運用
 Aカーナビゲーションシステム導入・運用 コーナーセンサー導入・運用
 Bアルコールチェッカーの確実な運用 新型アルコールチェッカー(タブレット型)の導入・運用
 Cドライブレコーダーの導入・運用 簡易型血圧測定器の導入・運用
 D先進安全技術搭載車両(ASV)の代替 10%

◎輸送の安全に関する目標に対する達成状況(平成28年4月〜平成29年3月)
(自動車事故報告規則第二条に基づく報告事故統計)
                                 年度:平成28年度(第2当事者事故含まず)
区分目標
人身事故前年度目標:0件
前年度実績:0件
物損事故前年度目標:0件
前年度実績:0件
車内事故前年度目標:0件
前年度実績:0件
車両故障前年度目標:0件
前年度実績:0件



その他の公表事項


安全管理規程


組織体系 指揮命令系統


緊急時対応体制
ページトップへ