社員インタビュー スタッフ6

スタッフ6

Professional 06

整備士としてのスキルアップと
整備全体の仕組みづくりを目指す

相模営業所 整備士

2018年入社

I.I.

入社を決めた理由を教えてください。

元々機械をいじるのが好きでした。父親が東都観光バスで整備の仕事をしていたことがきっかけで、面白そうだと思い親子2代で入社。ちなみに、父親は今他社で運送ドライバーをしています(笑)

イメージ1
イメージ2

仕事のやりがいや印象に残ったエピソードは何ですか。

自分が修理したバスが、次回運行で無事に帰ってきてくれた時が一番達成感を感じます。定期点検のスケジュールにそって、1日に3~5台のバスの日常点検を行います。消耗部品のチェック、オイル・グリスの補充、場合によってタイヤ交換などです。
乗用車と違って、大型バスの整備ではすべての部品が大きいので、例えばクラッチだけでも30kgはありますから、誤って足の上に落としたら確実に骨が折れます。以前クラッチを落としそうになった瞬間があり、それ以来は常に細心の注意を払っています。

今後の目標を教えてください。

自身の整備士としてのスキルをあげることで、全体の整備効率化につなげることを目指しています。今後は予防点検で故障を減らす仕組み作りが出来たら良いなと思っています。

イメージ3

インタビュートップへ